広告 老化予防 認知症予防

【老化予防】英語学習で認知症予防ができる?「脳トレ」になるおすすめ英語学習法とは?

[本ページはプロモーションが含まれています]

認知症予防に有効な「頭と体の刺激」ができる英語学習を紹介します。

英語を「書いて、聴いて、話して、記憶を使う」学習することは脳の刺激にとても有効です。

脳を刺激して外に出て体を動かすことが認知症の予防になり老化予防へとつなげることができます。

認知症予防におすすめの英語教材です。「書いて、聴いて、話して、記憶を使う」が全部そろっています。

1日20分の学習で脳トレできる英会話教材はこちらから

脳を刺激できる英語教材を見に行く

英語学習で刺激できる脳の部位は?

認知症画像

英語の勉強法として、「書く、聴く、話す、記憶」の方法を使うことで脳のそれぞれの領域を刺激できます。

  • 書く ━ 手を使う ━ 運動野(頭頂葉)
  • 聴く ━ 耳を使う ━ 聴覚野(側頭葉)
  • 話す ━ 口を使う ━ ブローカ野、ウェルニッケ野(側頭葉)
  • 覚える、思い出す ━記憶をあやつる━ 海馬(側頭葉)、前頭葉

脳を効率よく刺激できる方法として英語の単語やフレーズを、一度覚えて、それを思い出しながら、そのワードを口に出しながら書くことです。

英語を覚えて、思い出しながら、口にして耳に入れて書く

いろいろな刺激を脳に与えることで、脳の神経回路に負荷を与えて脳細胞を刺激することで脳の活性化を期待できます。

脳を刺激すると認知症を予防できる!?

広い範囲で脳を使うことで脳の各領域の、頭頂葉、側頭葉、後頭葉、前頭葉のつながりが強化されます。

脳のつながりが強化されると、ますます各領域の刺激は広がりやすくなりさらに脳が強化されやすくなります。

つまり、脳細胞の神経ネットワークを強くできると脳の機能に余裕ができて認知症になりにくくなることが予想されます。

脳細胞の神経ネットワークを強くすると脳の機能に余裕ができる!

脳を刺激して脳の機能に余裕を持たせることは認知症のリスクを減少させます。

英語の学習で脳の刺激はできますが、新しい刺激を入れ続けることが認知症を予防することに効果的です

新しい単語、フレーズを利用して、「書く、聴く、話す、覚える、思い出す」の脳への刺激は脳の活性に向いています。

脳トレをしやすい 七田式「 7+English」 の紹介

紹介する七田式「 7+English」は、「聴いて話して覚える」英語勉強法なので広い範囲で脳を刺激できるおススメ脳トレ英会話学習法です。

七田式「7+English」は新しい英単語やフレーズを学ぶ英会話勉強法です。「書く、聴く、話す、覚える、思い出す」を使った勉強方法で脳を刺激できるので認知症予防の脳トレに最適です。

全額返金保証(購入日より60日から90日以内)がついているので安心して取り組めます。

無期限返金保証付きの「七田式 7+English」の申し込みはこちらから。

シンプル操作で簡単に再生、一時停止、3秒戻る、10秒すすむ、再生スピードコントロール(ゆっくり~早く)が可能です。語学学習むけに機能が充実したCDプレーヤーです。7+Englishとともにお使いください。


毎日20分の「新しい」で認知症を予防する

認知症の予防には毎日の新しい体験が重要なので、知らない英単語やフレーズを覚えることは認知症予防としての脳の刺激に最適です。

新しいことを毎日20分が脳を強くする

一週間に一度2時間勉強するよりも、毎日20分の方が脳に刺激が残るので脳トレ効果はあがります。

脳を強くするには「毎日少しずつ新しい刺激の繰り返し」が効果的です。

毎日20分の新しい体験が脳を強くする!

食事を噛んで食べることはとても脳の刺激になり、認知症を予防できる可能性があります。

あわせて読みたい

認知症が原因で寝たきりになる人の特徴は?

認知症になると、行動意欲の低下などから寝たきりになる可能性が高まります。

認知症になる前に、行動意欲が低下する前に、寝たきりになる前にできることをやっていきましょう。

認知症になりやすい人の特徴

  • 歩くスピードが遅い
  • 外出しない
  • タバコ、お酒の量が多い
  • 一人暮らし
  • 親兄弟に認知症と診断された人がいる

上記に当てはまる人は認知症になりやすいと言われています。

できることをやって予防していきましょう。

認知症になると老化が加速する!

認知症になることで老化が進む悪循環の流れ

認知症 ⇒ 行動意欲の低下 ⇒ 閉じこもり ⇒ 運動機能の低下 ⇒ 老化 ⇒ 行動意欲の低下・認知症

認知症になると行動意欲が低下し、外に出なくなり閉じこもり傾向になります。そうなると体を動かす機会が減るので足腰が弱まり運動機能がおとろえていきます。その結果、老化が進んでいきます。

少し話せるようになったら観光地に出かけてみよう!

英会話を習得できると英語を使ってみたくなると思います。観光地などで外国の方に話しかけてみましょう。英会話の刺激で脳トレをできて、さらに外に出て新しい人と新しい体験ができる。これはすごく脳の刺激になります!

「書く、聴く、話す、覚える、思い出す」を使って脳の老化予防ができる、脳トレにむいている英会話教材はこちらをクリックしてください。(返金保証ありなので安心して利用できます。)

七田式「 7+English」の返金保証と解約方法

七田式「7+English」で学習してもどうしても英語が身につかない。60日間実践しても英語が話せない。そんな方には返金が保証されています。

info@7plus-english.com に「返金希望」と明記して、「名前、メールアドレス、受注番号」、を記載してメールを送るだけです。

返金を受け付ける条件

  • 購入日より60日から90日以内
  • 購入時のセットが全てそろっている
  • 返送料は自己負担

となっているので注意してください。

遠方で暮らす一人暮らしの親の生活をカメラで見守ることで、認知症になり始めのサインに気づくことができるかもしれません。「いつもとなんか違う」。毎日見守ることでそんな違和感に気づくことができるかも。

まとめ

  • 英会話学習は、「書いて、聴いて、話して、記憶を使う」ので「脳トレ」に最適
  • 脳神経細胞のネットワークを広げることで認知症の予防効果が期待できます
  • 認知症を予防することで老化予防になる!
  • 外に出て世界を広げることは脳の刺激になる!
  • お孫さんの英会話の先生になれるかも。小さいうちから英語の苦手意識をなくすお手伝いができる!
  • 英語教材を使うことはやるべき事がはっきりしているので継続しやすい

英語を勉強することは、脳の刺激に向いています。英会話をマスターして外に出て自分の世界を広げましょう。

体や脳に刺激を与え続けることが老化の予防になる!

何の刺激もなく、毎日を家で過ごしていると体も脳も老化していきます。

脳と体へ新しい刺激を与え続けて、認知症を予防し、老化のスピードをゆるやかにしていきましょう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

maru

理学療法士とケアマネージャーとして急性期医療から老人医療まで30年以上にわたり人の生活にかかわってきました。その中で感じた老化していくことで起こる問題に対して予防や改善ができると思いブログを始めました。

-老化予防, 認知症予防